無垢材に不燃の薬剤を添加することにより不燃材料として国土交通大臣に認定されたものです。
これにより、内装制限のある空間にも無垢材で空間構成をすることが可能になります。

不燃材料の基準とは?

通常の火災に相当する加熱が加えられた時に
1.燃焼しないものであること
2.防火上有害な変形、溶融、亀裂その他の損傷を生じないものであること
3.避難上有害な煙またはガスを発生しないものであること
という条件を満たしており、燃焼時間が、不燃は20分、準不燃は10分というように別れております。